2010年11月02日

正念場の 有田市!

 去年のクリスマスのブログ

 に書いたことが現実になろうとしている。

 7月経産省が、日本の石油精製能力余剰を背景に規制を決め

 10月末までに大手5社に対して回答を求めていた。

 有田市の中心産業である東燃ゼネラル 和歌山工場

 1941年に有田市初島町に操業  

 今日まで戦争中断があったが70年近く有田市、或いは周辺の雇用、

 財政を担ってきた。 売上げ規模でも3000億以上はあろう、

 有田市の農漁業が50億ぐらいだからいかに影響が大きいかがわかる。

 そうした中、市長を中心に存続署名運動を展開、様々な存続の働きかけ

 を行ってきた。

 その効果か、工場撤退発表は免れたようだ。

 本当に私を含め、地元民はほっとしている。
 
 しかし時代の流れは脱化石燃料に進んでいる、日本全体で製油能力

 25%削減は必須の中で、業界再編、工場閉鎖なしに進めていけるのだろうか?

 有田市にとっては 正念場であることには、間違いない。













同じカテゴリー(その他)の記事画像
Let’有田リアン2
Let’有田リアン
地引網体験
義援金
復興祈願
今年度の指針、私信!
同じカテゴリー(その他)の記事
 Let’有田リアン2 (2011-08-07 16:47)
 Let’有田リアン (2011-06-05 13:57)
 地引網体験 (2011-05-08 17:18)
 義援金 (2011-04-01 13:17)
 復興祈願 (2011-03-16 10:12)
 今年度の指針、私信! (2011-01-03 11:27)

Posted by ジースリー at 08:15│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。