2009年06月27日

安龍 @あっと!テレわか

テレビ和歌山さんの @あっと!テレわか 

今週火曜日に取材に来られていて、昨日金曜日放送されました。

ところが、ちょうど会議と重なり、テレビ放映みるのを忘れていたのですが、

録画しておいてくれたので、じっくり観覧





マツオカテツヤさんにインタビューうけている 炭 店長

うわさのラーメン スープのないラーメン 「やみつきそば」を説明!








そして食べられたのが、メニューに載っていない 裏メニュー

黒豚チャーシューやみつきそば




やみつきチャーシュー もちろん 炭 店長に言っていただければ

食べれます。 






  


Posted by ジースリー at 15:16Comments(5)その他

2009年06月21日

XEX WEST

先日、大阪駅前ハービスエント7階にあるY's tableグループの

XEX WESTへ

ここは7階フロアー約400坪が江戸前寿司の「AN」 ガラス張りテラスの「Tha BAR]

そしてイタリアングランシェフ サルヴァトーレ・クオモがプロデュースする本格ナポリ料理

の「Salvatore Cuomo Bros」 の3店舗が同じフロアーで構成する形になって あわせて 「XEX」


という。 

まあ高級レストランなわけですが、この手の高級レストランは昨年の経済危機から苦戦をしいられていますが、

偶々この会社の株主になり御食事券が送付されていて


期限切れ間近の為、相方とリッチにお食事








3店の中のイタリア料理の「Salvatore Cuomo Bros」へ




店員同士の会話はイタリア語というなんともスタイリッシュなお店


まずは 前菜 「サンダニエーレ産生ハムのサラダ 温泉たまごのせ」

さすが生ハムはイタリヤの地方独自の熟成された風味と味わい






そしてサルヴァトーレ・クオモと言えばピザが有名なんですが、二人ともパスタを

食べたい気分でしたので、

「フランス産鴨とキャベツのラグーをバヴェッティーネで」

というネーミングのパスタ 鴨はわかるがあとは何の意味かわからず、

聞いてみるとどうも平たい麺ということらしい。

写真のほうは「春野菜とサルデッラのアーリオ・オーリオ スパゲッティ」

ちょっとニンニクがきいた あっさりめではあるが味わい深い



「骨付き子羊の炭火焼 エスプレッソ風味の野菜のせ」


これはパスタと違って濃厚でやわらかい子羊とあいまって一気にいただきました。






そしてデザート、生キャラメル付きのコーヒーとおいしくいただきました。


 







なんといって接客の質の高さ、写真の彼女のさりげなさの中にも

適度な会話をからめ私が席を立った後のナプキンの直し、いや、木曽路に

行った時も感じたけど高級店ではそれが普通、それができなければ

ステータスが崩れてしまうのでしょうね。

向上心溢れるすばらしい方でした。

  


Posted by ジースリー at 13:11Comments(2)料理

2009年06月12日

フェーズ6

毎年この時期、有田市糸我町の仁平寺のあじさい撮りに詣でるが、

去年のブログにもその画像が、そして読み返してみると紫陽花の花言葉は

「移り気」と この季節は人の心も移り気なのだろうか、いや情報過多の

この世の中新しい話題が、世間の注目を集め、マスコミの商業化の増幅が

よりいっそう人の心の「移り気」を早めていく。

今日、WHOは新型インフルエンザの警戒レベルを「フェーズ6」に引き上げた。

しかし人々の関心は先月17日神戸で感染が確認されたときよりはるかに薄い。

まあ今回の新型インフルエンザは幸いにして弱毒性であった為であろうが

秋以降の第二波が心配だ。 当社は去年ちょうどこの時期にブログに書いていたように

先月18日より一週間 備蓄していたマスクで全店従業員配布しましたが、今後も

何が起こるかわからない時代 危機管理に備え社内対策を構築していく予定です。







  


Posted by ジースリー at 19:33Comments(0)その他

2009年06月04日

つけ麺登場!

さつま黒豚餃子 安龍 では リニューアルとともに

新たにメニューとして 黒豚チャーシューつけ麺が加わりました。

スープは豚骨と鶏がらに魚介系鰹、うるめ、昆布をくわえた自慢の

味に仕上げました。

これでやみつきそば・ごま次郎と麺三兄弟がそろい踏み


もちろん!当店自慢のさつま黒豚餃子 も9種類そろえております。















下記餃子無料券プリントアウトしてご利用できます。

是非お使いください!



  


Posted by ジースリー at 17:05Comments(0)料理