2010年06月10日

口蹄疫の真実

 この いこらブログトップページにも貼られているように

宮崎口蹄疫が大変だ!

えびの市の清浄化宣言がなされ、それ以降 児湯地区の中だけの

感染となりもう収まるのではないかと 思っていた矢先、

都城市の感染が確認された。

畜産関係である当社も今回の状況は 1月の韓国での感染報道、そして

4月20日の宮崎、東国原知事のツイッター発信からずーと状況を見守って

いたが、最初メディアの発信は少なかったが、今では日本全体が関心をもつ

ようになった。

現在の殺処分対象は272235頭。殺処分完了は155826頭。

すごい数である。そしてまだ埋める場所がなく待っている 未処分の頭数が

116409頭。

考えようだが、これで収まれば、全国の牛 約440万頭、豚約900万頭
                                     
の2%ぐらいじゃないかと、ところがそうはいかなくなった、都城市は日本最大

級の畜産大産地そのすぐ隣接する県は畜産業ナンバーワンの鹿児島県、本当にここで

終息してほしい。

ましてすでに感染している川南町を中心とする関係者の皆さんの心労、苦労、疲弊は

大変なもの、

防疫作業の膨大さ、ウイルスの性格上 広めさせないためには極力移動を制限する。

これは町の活気をなくし、商店街も閑散となり観光客もこなくなる。

現に宮崎のホテルではキャンセルが相次ぎ8割減となっているようだ。

1997年の台湾の豚口蹄疫では約500万頭とか2007年のイギリスでは

700万頭以上とか、本当に鹿児島県に移りこれからの梅雨や台風で全国に飛び火

すれば日本の畜産自体があぶなくなる。

そんな中間接的にも直接的にも食にかかわっている、有田調理師会、有田食を守る会が

宮崎への義援金を呼びかけている。

当社もヤフーを通じて義援金を送り、ささいなことだがこちらゲシュマックさんで

詰め合わせセットを購入させて頂いた。


こちらの農場も一瞬にして5415頭がいなくなってしまったという、、、
  








同じカテゴリー(その他)の記事画像
Let’有田リアン2
Let’有田リアン
地引網体験
義援金
復興祈願
今年度の指針、私信!
同じカテゴリー(その他)の記事
 Let’有田リアン2 (2011-08-07 16:47)
 Let’有田リアン (2011-06-05 13:57)
 地引網体験 (2011-05-08 17:18)
 義援金 (2011-04-01 13:17)
 復興祈願 (2011-03-16 10:12)
 今年度の指針、私信! (2011-01-03 11:27)

Posted by ジースリー at 13:37│Comments(2)その他
この記事へのコメント
もし人間ならどうするつもりなんでしょうね

殺すまでも無く無人島かなにかで隔離しちゃって
完治するまで治療するとか何とか方法は無かったものなのか・・・
Posted by ☆みかん大王☆☆みかん大王☆ at 2010年06月13日 06:46
みかん大王さん どうも!

これは経済動物であるがうえの宿命ですね。
感染により肉としての価値が下がり、感染力の強力さにより
即殺処分しか方法がない。人間のように予防ワクチンという手
もありますが、清浄国にはならず畜産業界の不利益になるからです。
Posted by ジースリージースリー at 2010年06月13日 13:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。